drone
ドローン事業

非GPS環境対応型ドローン

~ドローンのGPSによる自律飛行の弱点をご存知ですか?~

「実は、構造物近辺では、大多数のドローンで使用されているGPSによる自律飛行を行うことができません」
通常、ドローンはGPS衛星の信号を受信して位置情報を取得し、自己位置推定をすることで、自律飛行が可能となります。
しかし、構造物近辺ではそのGPS衛星からの信号が上手く届かず、基本的には正しく自律飛行を行うことが困難とされています。

この問題を解決すべく、当社では非GPS環境下でも自律飛行が可能となる機体の開発と、点検サービスを展開しています。
『SLAM』とは、「Simultaneous Localization and Mapping」の略。ロボットが自己位置推定と環境地図作成を同時に行うことであり、
PF1-Inspectionはレーザーレンジファインダーを用いて、PF1-Visionはステレオカメラ等を用いたSLAM技術により自己位置推定を行います。

これらの機体は対象物との距離を一定に保つ制御も搭載されており、構造物の壁面を沿うように飛行し搭載された高解像度カメラによりひび割れなどの損傷検出、あるいは赤外線カメラを搭載し外壁の浮き調査を行います。