Drone
ドローン

構造物点検

構造物の外壁を可視カメラで撮影し解析ソフトで損傷(ひび割れ等)を自動検出します。
また、ドローン搭載用赤外線カメラにて熱画像を撮影し、タイル・モルタル等の浮きを確認します。

非GPS環境対応型ドローン

通常、ドローンはGPS衛星の信号を頼りに自律飛行を行いますが、橋梁下や構造物近辺では、その信号を正常に受信できず、自律飛行を行うことが困難とされています。
当社ではこのような非GPS環境下でも自律飛行を可能する機体の開発と、点検サービスを展開しています。

災害協定

災害発生時に災害現場の状況を把握するためにドローンを飛行し現場もしくは当社から災害状況を撮影します。
(豊橋市と災害協定を締結)

スクール

ドローンを操縦するための座学・実技講習を行います。
今後、構造物点検カリキュラムの講座も開講する予定です。

News
お知らせ

【三信グループ】企業紹介

三信グループは、昭和38年から、東海地区にて建築、土木分野での防水事業を中心に外装塗装事業・点検補修事業を展開しております。
近年では、ドローンなど最新の次世代ロボットを用いた建築・土木におけるインフラ点検の新たなるソリューションを確立するため、技術開発、点検・調査業務を行なっています。

【NOBORIN】外壁点検昇降ロボット

外壁点検昇降ロボット
三信建材工業(株)✖️豊橋技術科学大学、共同開発
次世代ロボット(点検・調査)
カメラにてひび割れ・欠損など外壁の劣化を把握します。